ヒアルロン酸の効用

ヒアルロン酸配合のサプリメントや化粧品の広告をよく見かけます。それらのサプリメントを摂取したり、化粧品を使用したりすることでどのような効果が期待できるのでしょうか。ヒアルロン酸とはどのような物質なのでしょうか。

ヒアルロン酸ヒアルロン酸の働きは、皮膚の水分を維持することです。皮膚には3つの層があり、外から順番に真皮皮下組織と呼ばれています。この中の真皮は、表皮の約10倍の厚みを持ち、ヒアルロン酸が多く含まれています。真皮を構成するコラーゲン、エラスチンなどの物質の隙間にヒアルロン酸は存在し、水分を抱え込んでいます。

真皮にあるべきヒアルロン酸が減少するとどうなるのでしょうか。皮膚は水分を保つことができず、乾燥してしまい肌の弾力やハリがなくなってしまうのです。ヒアルロン酸は年齢が進むにつれて減って行きます。40歳代後半くらいから減少が始まります。

真皮に線維芽細胞と呼ばれる細胞があるのですが、この細胞がヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの肌に弾力やハリを持たせる成分を作ります。この繊維芽細胞は加齢により減少し、働きも鈍くなります。また、ストレス、紫外線、化粧品なども線維芽細胞を弱らせる要因となります。

弾力、ハリがある若々しい肌を維持するためには線維芽細胞の数と働きを保ち、ヒアルロン酸を減らさないことが重要なのです。このサイトでは、サプリメントと化粧品でヒアルロン酸を摂取する方法について紹介します。